新東京行政書士事務所Blog

株式会社について

株式会社について

これから会社を起こそうとされている方は、「株式会社」を設立することが多いでしょう。

ただ、株式会社については、知っているようで知らないことが多いものです。

そこで今回は、押さえておきたい「株式会社の基本」を、ご説明します。

1.株式会社とは

株式会社というと、どのような会社だと思われますか? 株式会社は、その名の通り、「株式」を発行することで、資金調達をする会社です。

株式は、株式会社の所有権です。株式会社は、発行した株式を人に購入してもらうことによって資金調達をします。

そして、集めた資金を使って経営を進めます。 株式は、通常大量に発行して、多くの人に購入してもらいます。

そうしたら、1人1人の金額は小さくても大きな金額を集めることができるからです。

そこで、多くの人に期待してもらえる会社を作ったら、たくさんの人に株式を購入してもらえて、楽にたくさんお資金を集めることができます。

2.所有と経営の分離

株式会社では、「所有と経営が分離」されています。

つまり、「会社の所有者である株主は、経営をしません」。

株主は、あくまで会社に出資して、利益がでたときに配当金を受けとるだけです。

株式会社の経営者は「取締役」です。

株主は、取締役を選んで経営を任せ、経営してもらった分の報酬を渡します。それが、「役員報酬」です。

取締役は、会社の所有者ではなく「経営者」です。

このように、株式会社では、「所有者=株主」「経営者=取締役」と分けられているので、うまくチェックアンドバランスが働きます。

たとえば、取締役がまずい経営をしたら、株主が取締役を解任することができます。

また、株主が経営の素人であっても、経営のプロである取締役を選任したら、会社をうまく経営していくことができます。

ただ、小さい会社では、この機能を厳密に発揮する必要がない場合があり、所有と経営が一致することが多いです。

1人で会社を設立して、自分で株式を全部引き受けて、自分で経営もするパターンです。

将来的に会社が大きくなった場合、自分が持っている株式を売ったり、他に取締役を選んで、自分が取締役から外れたりすると、自然と所有と経営は分離されて、取締役を見張る立場になります。

これが、株式会社の基本の仕組みです。頭の片隅にあると何かの時に役にたつかもしれません。


お問い合わせはこちら

2017/12/31 法務   auter_1
    一覧へ     後の記事 >

ブログカレンダー

7月 2022年8月 9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031

カテゴリー一覧