新東京行政書士事務所Blog

ビジネスに役立つ貸借対照表の見方


会計は、企業の経済活動を複式簿記の原理に従い、会計上の諸原則に準拠しながら記録し、処理することを通じて、企業の経済活動から生じた利益について明らかとするものです。その結果は、一定の様式を持って作成した書類を公開することによって、企業に利害を持つ人々に対して報告されます。そのための書類は財務諸表と呼ばれます。

 財務諸表によって伝達される主要な情報は、企業の財政状態と経営成績に関する情報です。財政状態または投資のポジションは貸借対照表によって表現され、企業の経営成績または投資の成果は損益計算書によって表現されます。この2つの財務諸表は、会計の目的である利益の決定において重要な意味を持つという意味において、基本財務諸表としての性格を持つものです。以下では、まず基本財務諸表である貸借対照表について説明した後で、その基本的な読み方を明らかとしていきましょう。

 

 貸借対照表とは?

まずは貸借対照表がどのような計算書類なのかを理解することから始めましょう。

貸借対照表の構成要素


貸借対照表は、決算日(事業年度末など)、ある一定時点における企業の財政状態をあらわした報告書(財務諸表)のことを言います。バランスシートあるいはB/Sと呼ばれることもあります。財政状態とは企業の投下資金の運用形態である「資産」と、企業の資金の調達源泉である「負債」・「純資産」との関係のことを言います。貸借対照表では、借方(左側)の「資産の部」に、企業の経済活動の結果、資金が商品・原材料・生産設備・土地などに投下されている状態を示す一方で、貸方(右側)は企業が経済活動に必要な資金を債権者から調達した部分である「負債の部」と、株主からの拠出額および損益取引などから蓄積した利益である「純資産の部」に分けて表示しています。

資産・負債・純資産は原則として総額によって表示し、資産項目と負債または純資産項目とを相殺することによって、その全部または一部を貸借対照表上から除去してはならないことが求められています(総額主義の原則)。

また、資産と負債は流動・固定項目に分類され、原則として流動性配列法(流動性の高い順、つまり資産は換金可能性の高い項目順、負債は返済期限の早い項目順に配列する方法)によって記載されることで、資金の運用形態と調達源泉の関係がより一層明確に表示されるようになっています。

 

 貸借対照表の見方

それでは、貸借対照表という計算書からは何を読み取ることができるでしょうか?

貸借対照表は、企業がどんな資産を持っているか、必要な資金をどこから集めたか、を明らかにするための報告書です(下図)。

 

貸借対照表の基本構造

 

すでに貸借対照表は一定時点の企業の財政状態を明らかとするものであると説明しましたが、もっとわかりやすく言えば、貸借対照表とは、企業に投下された資金が、(1)どのような源泉から求められ(これを「調達源泉」という)、これが(2)どのような形で使われているか(これを運用形態という)を明らかにするものであると言えます。貸借対照表の大まかな意味を示したものが次の2つの図です。

 

貸借対照表の左側が示すもの

 

貸借対照表の左側は、「資産の部」と呼ばれ、企業が所有する資産のリストが示されています。例えば、現金預金・売掛金・棚卸資産(いわゆる在庫)は代表的な資産です。これらは比較的換金性が高いことから、まとめて流動資産と呼ばれます。

企業はさらに、土地・建物・生産設備などの資産も所有しています。これらの資産は、事業活動で長期間使用することを想定されていることから、「固定資産」と呼ばれています。固定資産のうち、物理的な形態を持つものを「有形固定資産」といい、法律上の権利(例えば特許権)などの「無形固定資産」とは区別されます。
 

貸借対照表の右側が示すもの

 

流動資産も固定資産も、もともとは企業がカネを出して買ったものです。貸借対照表右側は、その購入資金をどこから集めたのかを示すもので、大きく「負債の部」と「資本の部」(または純資産の部、とも言います)の2つに分けることができます。負債とは、すなわち借金で、企業に支払い義務がある金額を言います。具体的には、銀行からの借入金・社債・買掛金といった項目が該当します。借入金はまさに銀行から集めた資金ですし、社債は社債の購入者から調達した資金、そして買掛金は仕入先から一時的に商品の代金の支払を済ますまで調達した資金、ということになります。

負債は返済期限が迫った(通常1年以内)流動負債と、すぐには返済する必要のない固定負債の2つに区分表示されます。

一方、資本は株主からの資金提供をあらわしており、主に資本金などの支払資本と、内部留保された利益、すなわち留保利益(利益剰余金)の2つから構成されます。利益剰余金のような内部留保は、法律的には株主帰属する財産が企業に留保されているものなので、資本の一部とみなされます。

資本と負債の決定的な違いは、資本には返済義務がないということです。つまり、負債がいつかは企業から引き上げられるカネであるのに対して、資本は企業という法人が継続して存在する限り企業の中に留まるカネという違いがあります。

 企業は株主や債権者から調達したカネを使って資産を購入するので、「資産=負債+資本」という関係が常に成立します。貸借対照表は左右の金額が常にバランスすることから、バランスシートと呼ばれることも多いのです。以上の議論をまとめると、貸借対照表は基本的に次のようにみるのが正しいこととなります。
 

貸借対照表の見方

 

貸借対照表の見方をきちんと理解しておくことで、その会社のその時の資産状況が良いのか悪いのか判断することができます。投資家、経営者だけでなく一般の社員その他ビジネスにかかわるすべての人が最低限理解しておくべき知識ですので、この記事に触れた方すべてが勉強されることを期待します。

 

2018/10/23 会計   auter_1
< 前の記事     一覧へ     後の記事 >

ブログカレンダー

5月 2021年6月 7月
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930

カテゴリー一覧